Make your own free website on Tripod.com

もくじにもどる

enaワシントンDC校の入り口の画像 
左:enaワシントンDC校外観  右:教室の1つ。日本の塾、そのままですね。

 

enaって???

    1972年、東京都国立市に進学塾「国立学院」として開校。
    1996年にena(Education Network Assosiation)に改称。現在関東中心に100校舎を展開。
    大阪・京都・兵庫・福岡・沖縄にも校舎を持つ。

1987年、初の海外校としてニューヨーク校を開校。以後北米にはニューヨークに2校、ニュージャージ校、シカゴに2校舎、コネチカット校、ロサンゼルス近郊に2校、サンノゼ校、サンフランシスコ校、04年にはデトロイト校を開校。ヨーロッパでもロンドン2校舎、ドイツのデュッセルドルフ校などを展開。また、アジアにもシンガポール校、バンコク校、上海校、香港校を持つ。2007年秋、カナダ・トロントにも開校。

ワシントンDC校は95年4月に開校。2000年、「海外生には現実不可能」とまでいわれた「女子御三家」のひとつである「O中学」に初めて合格者を出した。もちろん、帰国枠などは存在しない学校。さらに2005年、2006年と2年連続で「男子御三家」のひとつである「A中学」にも合格者を出す。さらに2007年に「男子御三家」のひとつの「K中学」に合格者を出している。これもまた、帰国枠をもたない学校。帰国枠のある有名難関校については、毎年、少ないながらも合格者を輩出している。高校入試においても「W系の高校」や「K系の高校」はほぼ毎年合格者を出す。国立の「G付属高校」にも、隔年ぐらいのペースで合格者を輩出する校舎。08年入試では都立最難関高校にも合格者を輩出した。09年には帰国枠のない「K普通部」に合格者を出した。10年には、東京御三家の「K高校」に合格者を出した。11年入試では、高校入試で「T大附属K場」への合格も輩出。小学生・中学生ともに、非常に優秀な生徒達が集う校舎である。

 

enaについての詳細は公式HPをご覧下さい。<ena公式ホームページへ